自然災害対策

防水工事が必要な壁

特に、海岸線沿いや風にさらされることが多い地域などは、塩害による影響が大きいので、外装塗装をしっかり行う方がよいでしょう。

屋上やベランダのある家だと、雨から家を守るため、防水工事をしっかり行い、対策を行った方がよいでしょう。

台風や暴風、吹雪、地震などといった自然災害にしっかり対策をした方が、長い目で見ると将来的にその家は長持ちするでしょう。

見積もりと取る

すぐに外壁工事

リフォームにはお金がかかります。リフォームをする際は、外装塗装や防水工事、耐震性工事など、それぞれいくらかかるかを考慮に入れる必要があります。

リフォームの値段は業者によって様々なので、しっかりした業者を調べ、リフォームを依頼する必要があります。

複数のリフォーム会社に見積もり、オーダーを取るのもよいでしょう。場合によっては、数万円から数十万円の差が出るともいわれております。

業者選び

赤レンガの壁

リフォームの見積もりは、無料でできる会社が多くあります。それらの会社にお願いするとよいでしょう。

リフォームを成功させるためには、だいたい2社から3社以上の業者から同じ条件で見積もりを依頼するとよいでしょう。
単純な工事の見積もりだけではなく、工事にかかる時間、リフォームの質の高さ、アフターフォローやアフターサービスなども考慮に入れて選ぶとよいでしょう。

外装塗装や防水工事は、一般的に費用がかかるといわれておりますが、優良な業者を見つければ、安く済ませることができるでしょう。

リフォーム

ひび割れた壁

バブル崩壊後、マンション投資用に購入されたマンションは、値段や価値が下がり、住む人もあまり存在せず、空き不動産となりました。

バブル崩壊の数年後には、当時よりはるかに安い価格で購入することができました。
値段が下がりきった転売用のマンションを購入し、外装塗装や防水工事といったリフォームを行い、住人を集め投資を行う人もいました。